ドライドッグフードを買って後悔する前にメリットデメリットをご紹介

ドッグフードに限らず、ペットフードには「ドライ」と「ウェット」があります。

でも正直「乾燥しているドッグフード」と「水分のあるドッグフード」くらいの違いしか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では「ドライドッグフードのメリット・デメリット」を分かりやすくご紹介したいと思います!

 

ドライタイプのドッグフードとは?

ドライのドッグフードはウェットタイプと違って、製造過程で水分をカットしていますから「水分」がほぼありません。

逆にウェットタイプのドッグフードは「生のまま」で加工され、販売されています。

なのでドライタイプはウェットタイプのドッグフードよりも賞味期限(消費期限)が長かったりもしますね。

ですがどちらにも一長一短がありますから、どちらがおすすめかと聞かれたら「ワンちゃんの好みによる」としか言えないかもしれません^^;

 

ドライフードのデメリット

まずはドライドッグフードのデメリットをご紹介しましょう。

それは

  • ドライフードは臭い?
  • 冷蔵庫保管すると結露でカビが生える?
  • ドライフードは硬い?

等々です。

 

ドライフードは臭い?

ドライフードは一般的に「臭い」と言われています。

なので飼い主目線で考えると「ワンちゃんも臭いと感じている」と思い込んでしまう方も・・・。

ですがドライフードの強い香りは「ワンちゃんが大好きな香り」で、愛犬の嗜好性を刺激します。

つまり人間が「臭い」と感じても「ワンちゃんにとっては良い匂い」なんですね^^

 

冷蔵庫保管すると結露でカビが生える?

ウェットフードの場合は開封後、冷蔵保管し「出来るだけ早く消費する(1日位)」が鉄則ですよね。

しかし実はドライドッグフードは「冷蔵庫保管」が必要ありません。

開封後もです。

逆にドライのドッグフードは冷蔵保存すると「庫内の温度と外気温の差」で、出し入れの際に結露が出来てしまい「カビの原因」にもなり得るんですね^^;

つまりドライフードは冷蔵庫ではなく「クローゼット」等の風通しの良い冷暗所で保管するのがおすすめですよ!

 

ドライフードは硬い?

ドライドッグフードは確かにウェットタイプのドッグフードより「硬い」と言えるでしょう。

なのでもし子犬やシニア犬に与える場合は、硬くて「食いつきが悪くなる」可能性も考えられますね。

そんな時は「ぬるま湯等でふやかしてから」与えてみて下さい。

柔らかくなり食べやすくなりますよ^^

 

ドライフードのメリット

ドライフードのメリットはいくつかあります。

それは

  1. 長持ちする
  2. 安い
  3. ゴミが少ない

です。

ではさっそくドライタイプのドッグフードのメリットを見てみましょう!

 

長持ちする

先ほども少しお話ししましたが「ドライタイプは乾燥しているのでウェットタイプよりも長持ち」するんですね。

その消費期限(賞味期限)は未開封で1年半。

 

開封後でも3ヵ月は保存出来ます。

ウェットタイプも未開封だと長いですが、開封後はおよそ1日です^^;

そう考えると開封後、長期保存が出来るドライタイプのドッグフードはおススメかもしれません^^

その他にも比較的値段が安いというのも、おすすめ出来る大きなメリットですね!

 

ゴミが少ない

ドッグフードのドライタイプは大きな袋で売っている場合が多いですよね。

それに比べウェットタイプはほぼ缶詰

しかも1日1缶。

1ヵ月で出てくるゴミの量は、圧倒的にドライタイプが少ないと言えます。

しかもウェットは生タイプや半生ですから、捨てる際に「洗わないといけません!

これもちょっと面倒だったり・・・^^;

なのでゴミが袋1つだけのドライドッグフードは便利ですよ!

関連記事

低品質ドッグフードと高品質ドッグフード比較結果!買うならどっち?

知らいないと後悔!安全は二の次?低品質なドッグフードに潜む危険とは?