無添加のドッグフードなんて存在しない?必要なのは添加物を知る事

日本で売られている市販のドッグフードには添加物が大量に含まれています。

それも安ければ安いドッグフードほど、大量に使われているでしょう。

添加物は様々な方面から見ると必要な成分である場合もありますが、そんなものはワンちゃんの身体には悪影響しかありません!

なので「無添加のドッグフードを購入したい!」といった飼い主さんも多いでしょう。

ところが残念ながら「無添加のドッグフードは存在しない?」かも・・・。

 

無添加のドッグフードは存在しないの?

実は無添加のドッグフードというものは、まず存在しないと思って下さい^^;

何故なら低品質なドッグフードには「酸化を防ぐ」ために

  • 酸化防止剤
  • 防腐剤
  • 保存料

と呼ばれる人工添加物が含まれます。

実はこの人工添加物には「発がん性リスク」の上昇が、ラットの実験等により確認されているんですね^^;

じゃあ愛犬に「どんなドッグフードを与えたらいいの?」と思ってしまいますよね。

そこでおすすめ出来るドッグフードが「プレミアムドッグフード」なんですよ!

プレミアムドッグフードは、市販の低品質なドッグフードに比べると割高ではありますが、その分安全性については折り紙付きと言っても良いかもしれません^^

でもさっき「無添加のドッグフードなんて存在しないって・・・。」

確かにそうなんです。

どんな高級なプレミアムドッグフードでも保存料は、ほぼ含まれます

 

ですが勘違いしないで下さい。

この保存料は必要不可欠な成分なんです。

何故なら保存料を使用しないと「ドッグフードがすぐに劣化」してしまうからなんですね!

つまりドッグフードが開封後1ヵ月も2ヵ月も持つのは、この「保存料」のおかげだったんです!

この保存料を無くしてしまっては、ドッグフードはすぐに腐敗してしまうでしょう^^;

 

プレミアムドッグフードに含まれる保存料は危険?

実はプレミアムドッグフードに含まれる保存料は「自然由来」で作られた、ワンちゃんの身体に優しい成分なんです!

人工添加物は何から出来ているのか分からないものも存在し、不気味な感じがします^^;

その点、自然由来の保存料はビタミンEから出来ているミックストコフェロールやマリーゴールド・セイヨウタンポポといった植物から作られているんですね!

なので人工保存料と比べると、安全性は天と地ほどの差があるんですよ!

つまり個人的には、腐りやすい無添加のドッグフードよりも「自然由来保存料」を使用しているドッグフードをおすすめします^^

 

添加物にはどんなものがある?

添加物には

  1. 着色料
  2. 香料
  3. 調味料
  4. 保存料

といった成分が存在します。

※保存料は必需成分なのでワンちゃんの身体に影響の少ない自然由来の成分があります。

ですが残念ながらその他の添加物、つまり

  1. 着色料
  2. 調味料
  3. 香料

には自然由来の成分は存在しないと考えてもいいかもしれません。

 

着色料は「赤色2号・青色1号」といった表記で記載されています。

こういった記載を見たら、購入は避けるべきでしょう!

また、香料は原材料表に「○○フレーバー」と記載されている事がありますが「調味料」に関しては記載されていない可能性が高いです^^;

もし気になる場合は、ドッグフードメーカーに問い合わせるなどをして確認してみましょう。

関連記事

こんなドッグフードはおすすめ出来ない!愛犬の健康を害する可能性も